クリニックは専門医が在籍する医療機関での施術なので安心

クリニックとサロンの全身脱毛は何が違う?

全身脱毛を施術しているのは美容クリニックだけではなく、エステサロンでも行われています。クリニックとサロンでは、施術などにどのような違いがあるのでしょうか。簡単にそれぞれの施術を説明すると、クリニックは強いレーザーを使って脱毛を行い、サロンは弱い光で脱毛を行います。従って、クリニックは多少の痛みが伴いますが施術時間は短く、1回に行える脱毛範囲が広いため通院回数も少なくてすみます。また、次に毛が生えてくるまでの脱毛持続期間は長いです。一方、サロンは痛みは少ないですが施術時間が長く、1回に行える脱毛範囲が狭いので通院回数は多くなります。さらに、次に毛が生えてくるまでの脱毛持続期間は短くなります。

どちらにもメリットとデメリットがあり、どちらに行くべきか難しいですよね。

クリニックで全身脱毛をする大きなメリットはここだ!

全身脱毛は脱毛部位が多いため、施術による痛みや肌トラブルが多いと言われています。サロンの場合はサロンの認定を受けた者が問診や施術、施術後のケアを行い、医師や看護師はいません。反対にクリニックの場合は施術するのは医師や看護師であり、サロン同様に問診や施行後のケアについてのアドバイスは看護師が行います。先に述べましたように、クリニックの施術ではレーザーという強い刺激を肌が受けるため、サロンの脱毛よりも多少の痛みがあり肌へのダメージも大きいと言われています。しかし、クリニックには医師が常駐しているためすぐに診察して、症状にあった飲み薬や塗り薬を処方してもらえる点がサロンとは大きく違い、クライアントが安心感を得られると言われている理由です。 以上のような違いから、全身脱毛をする際にクリニックを選ぶ人も多いようです。